会社案内 会社案内
You are here: HOME > 印刷用語辞典(あ行)
  あ行

【あ】

アート紙 ベースとなる紙に上質紙を使用し、コート剤の塗工量が20g/m2前後の厚みを持つ加工紙で、印刷仕上がりの良さを求められる美術全集やカタログ、ポスター、写真集等の高級カラー印刷に用いられる。光沢度を最小限におさえた「つや消しアート」もある。
アートポスト
(Art Post)

アート紙の一種で,通常四六判160kg以上の厚さのものを言う。(一般アート紙は四六判135kgまで)この名称は,主に絵はがきに用いられていたことからきている。

RGB
Red、Green、BlueVioletと言う光の3原色の頭文字を取ったもの。モニタに表示される色の三要素。カラーモデルのひとつ。
アイコン
(Icon)
ファイルやハードディスクなどを小さな絵として表現し,内容や機能を見ために理解しやすくしたもの。
藍 版
青版、C版、シアンとも言う。印刷インキの基本色(プロセスインキ)のひとつで藍色の版のこと。
アウトラインフォント
直線と曲線で文字の輪郭(アウトライン)を形成し、その中を塗りつぶすことによって文字を表示する方式のフォント。ベクトルフォント(vector font)とも言う。文字の拡大・縮小も自由にできる。
Outbound 外部にデータを送信すること
青焼き
一般にオフセット印刷の場合校正刷りが出来ないため、製版フィルムを「青写真感光紙」に焼き付けて校正刷りの代用とする。文字校正のためや1、2色の物などで使う。青焼校正とも言う。
赤 字
文字校正の際に、誤字や脱字、欠字などを校正記号を使って赤鉛筆で書き示すことから、訂正箇所の総称として使われる。文字だけでなく、写真やカットなどカラー印刷をはじめ、全般的に赤い筆記用具で記入する。
赤版(あかはん)
プロセスインキの紅(あか)を印刷するための版。M版。Magenta。
空き(アキ)
スペースとも言う。文字と文字の間、行と行の間の量。使用文字サイズに対して全角アキ、二倍アキ、二分アキ、行間方向に対して一行アキ、二行アキなどと指定する。絶対値として、ポイント・菌・ミリで指定することもある。
空き組
字間に一定のスペース(アキ)を挟む組版様式。四分アキ、二分アキなどがある。ベタ組に対して言う。
アキュート
(Acute)
発音記号の「´」、楊音符とも言う。この逆向きの符号「`」は、グレープ・grave(抑音符)と言う。
アクセント
(accent)
欧文の上または下に付ける符号。発音の高低・長短・抑揚などを示す。
● 揚音符、アキュート        ● 抑音符、グレーブ
● 抑揚音符、サーカムフレックス   ● ティルデ、ウエーブ
● 短音符、ショート         ● 長音符、ロング
● 長短音符、ダウトフルレングス   ● 分音符、ディエレシス
● シーデラ             ● 気音符、アスパ
網代折り
(あじろおり)
無線とじのひとつである網代とじを行うために、紙折りの最後に背の部分にわずかに切れ目を入れ、接着剤の浸透を助ける折り方。
網代とじ
無線とじの製本様式の一つ。網代折りの折り本を丁合後、糊で接着する。背が全部切り離されていないので、無線とじよりも紙面を広く使えると言う特徴がある。本製本も可能で、背を丸くする加工もできる。
頭ぞろえ
後ろなりゆき
各行の単語の最初だけを行頭で揃え、各行の単語が終わったところで行換えする文字組スタイルのひとつ。
頭合わせ
(天合わせ)
多面付けで、頁の「天側」と「天側」を付け合わせて組み付ける面付け方法。天合わせとも言う。通常横組左開きの本に用いられる。反対に「罫下合わせ」「地合わせ」がある。
あたり
レイアウト指定や版下などで、本文・見出し・図版・キャプション・平網などが入る位置を指定した細い輪郭線を言う。作図機などで台紙起こしをした場合、写植貼り込みの位置を示すためなどに青の線で引かれ、写真・平網などの位置を示すときは細い黒の線で引かれるガイドライン。仕上がった印刷物には不要な線であることから、「ケイアタリ・ケイシニ」などとも指示する。罫を生かして印刷する場合は「ケイイキ」と指示して区別している。あたり罫、あたり線とも言う。
アップル・シェア
(Apple Share)
Apple社純正のネットワーク用ソフトウェアで、「機能拡張」フォルダに入れて使う。ファイルサーバー機能や、ファイル及びアプリケーションの共有機能を提供する。
アップル・スクリプト
Apple eventを送って制御するスクリプト言語。それを利用可能にする機能拡張書類。MS-DOSのバッチ処理(あらかじめ一連の操作を登録し、自動的に実行すること)を高度にしたようなもの。
アップル・ファイル・エクスチェンジ MS-DOS、Pro Dos用にフォーマットされたフロッピーディスクに入っているデータを、Macintoshで読み書きするためのフォーマット変換ソフトウェア。対応しているフォーマット容量はMS-DOSの720KBと1.44MB、Pro Dosの800KB。DOS640KDriverと言う付属の機能拡張書類を入れると、MS-DOSの640KBフォーマットが読めるようになる。
後付け 本文が終わると、前付けに対応した後付けがある。索引・あとがき・奥付けなどの総称。
アドビ・アクロバット(Adobe Acrobat) Adobe Systems社のプラットホームに依存しないシステム。Macintosh、Windows、UNIXなどが混在する環境でも扱える。PostScriptをベースにしたPDF (Portable Document Format) と言うファイル形式で、文字だけでなく、フォントの種類や大きさ及びスタイル、画像データまで統合して扱える。Illustrator5.5やPageMaker6.6はPDFの書きだしが可能。
アドビ・
ストリームライン
(Adobe Streamlime)
PICT、TIFFなどのビットマップイメージをオートトレースするアプリケーション。
アドビ・
フォトショップ

(Adobe PhotoShop)
Adobe Systems社のグラフィックアプリケーション。ファイルコンバートから写真の合成やレタッチなど画像操作に関しては必要十分以上の機能を誇る。
アドビ・
イラストレーター

(Adobe Illustrator)
Adobe Systems社のDraw系グラフィックアプリケーション。PostScriptを基盤としたデジタル・デザインの原動力。
アドビ・
ページメーカー
(Adobe PageMaker)
1985年、Aldus社から発売されたページレイアウトソフト。バージョン6.0J以前、Aldus PageMaker(アルダス・ページメーカー)と言う名称だった。MacintoshのDTPは、このソフトから始まった。バージョン6.0JからHTMLやPDFの書きだしができるようになった。
アポストロフィー
(Apostrophe)
記述記号(')。略してアポとも言う。文字や数字の省略・複数、所有格を表す符号である。プライム(´)とは形も使用場所も異なるので要注意。
雨だれ 表記記号(!)の俗称。感嘆符。エクスクラメーションマーク。
網かけ 写真・絵画などの連続的濃淡の諧調を大小の網点に変換する作業。以前は直交スクリン・コンタクトスクリンを使っていたが、現在ではスキャナを使用している。「綱撮り」とも言う。
網 点 凸版やオフセット印刷で写真(モノクロ・カラー)などの階調を再現する場合、点の大きさと印刷する紙の白地部分との比率で濃淡を表現するが、この点を網点と言う。網点には、1インチ幅にいくつ網点があるかと言う「線数」と、モアレを発生させないために設定する「角度」、濃淡を変化させるための「濃度」の3つの要素があるが、これらは各々独立した物である。目的に応じて形状にも様々な種類がある。
網点角度
(スクリーン角度)
多色印刷の際、各版の重なりあいによって生じるモアレ(干渉縞)を防ぐため、各版の網点の配列に一定の角度差をつけたもの。一般に45°の角度が一番目につきにくく、そこから30°ずつ離して複数の網の並びを配置していく方法が都合がよいとされている。C・M・Y・Kのプロセスカラーの場合、90°の範囲の中で30°違いに4つの角度を設定するのは不可能なので、インクの発色の特性上、一番目立つK(墨)版(写真分解の場合はM版)を45°に設定し、目立たないY版を他の版と15°違い(0°ないし90°)に設定することが多い。
網点製版 印刷物のインキの膜厚は均一で、インキの付着密度を変化させることで濃淡を表現する方法。写真原稿の濃淡(連続階調)を、網点の大小に変換し、網点の大小、粗密によって表現する。写真だけではなく、特定の部分に均一な濃度をつけたい時にも同様。濃度は100%を最高に、単位面積当たりの網点が占める面積比を主に10%きざみの百分率で表す。平版(オフセット)や凸版方式で主に使われる。
網点線数 スクリーン線数と同じ。網点の細かさを表す単位で、1インチ(2.54mm)を基準単位としてその中に1列状(線状)に並んだ網点が何本あるかを言う。同じ濃度で比べた時、線数が多い程網点ひとつの大きさは小さくなり単位面積あたりの個数は増える。線数が多い程画像のディティールは鮮明になり元となった原稿の階調に近づくが、半面、印刷条件によってはドットゲイン(網点のつぶれ)が起きやすくなる。このため線数は印刷の方式、用紙、機械の精度、印刷物の用途や目的によって選択される。新聞(更紙)は65〜100線、雑誌(上質・コート・アート紙)は133〜175線、高級印刷物(特アート紙など)は200線以上がよく使われる。
網点太り 網を利用した印刷で、フィルム原版の網点より、印刷の網点が大きくなる現象。ドットゲイン(dot gain)
アンダーライン 注意をひくために横書きの字句の下にひく線を言う。また、原稿指定や校正のときに使う線は、一本はイタリック、二本はスモールキャピタル。三本は大文字に、波線はボールドもしくはゴシックの指示記号となる。
アンチエリアス
(Antialiasing)
図形や曲線のギザギザを、滑らかに見せる機能。

TOPへ

【い】

Ethernet
(イーサーネット)
1976年XEROX社が開発したコンピュータ間の通信方式。コンピュータに通信用のボードを取付け。コンピュータ間は10BASE-Tや10BASE-2、10BASE-5などの通信ケーブルで接続され、割り振られたEthernetアドレスにより通信相手を特定することができる。現在最も一般的なLANの方法。
EPS

Encapsulated PostScriptの略。PostScriptのデータをソフトウェア間でやり取りするフォーマット。ASCII形式とバイナリー形式がある。

Eプリント
オンデマンド印刷機の代表的な装置。従来の印刷工程に必要であった版下・製版・刷版などが不要である。DTPなどで作った製版データを直接、印刷内の胴に焼き付け四色の液体インキで印刷する。版から移された液体インキが加熱されているブランケット上でペースト状になり、紙に転移する。必要な時に必要な部数を、と言う設計思想があり、極端にいえば一枚だけの印刷も可能。
イキ
校正記号のひとつ。誤って訂正を入れた場合、訂正を取り消してもとのままでよいことを示す。
異体字
標準的な字体以外の漢字字体や仮名字体を言う。常用漢字で制定された新字(略字)と旧字体のような関係を言う。古文においては非常に複雑であり、解読には字体・書体・書風などを調べつくした「十三体千字文」などの字書が必要である。略字・俗字といわれるものも文字学的には、異体字になる。
ボールドイタリック体
欧文イタリックのボールド体。数式でよく使われる書体である。指定記号としてはボールドの波下線とイタリックの横下線の二本を引く。
イタリック体
欧文文字の右斜めに傾いた書体。もとは独立した書体であったが、やがてローマン体に属する書体となった。サンセリフ系の書体の中で使用する時オブリークと言うこともある。指定記号は横下線一本である。
一字下げ
文書の最初を1文字分を余白にして、2文字目から書き始めること。
一括処理
バッチ処理。コンピュータでデータ処理の作業を始める前に処理すべきデータ・命令をすべて揃えておき、一定量をまとめて処理する。作業開始後は追加処理のできない処理体系である。
イニシャライズ
(Initialize)
フロッピーディスクやハードディスクを使い始める前に、必要な情報を書き込む作業。物理フォーマットを行ったディスクに対して、ディスク領域の使用状態を管理するテーブルや、階層構造を表すディレクトリ部分を用意する。
イメージスキャナ
(imege scanner)
写真・図版などの画像を直接読み取り、コンピュータにデータとして入力する装置。原稿をCCDでスキャンし、画像の濃淡を光の強力に変え、デジタル信号に変換し、メモリにとりこむ。読み取り精度の単位としてdgiが使われる。
イメージセッタ
(Image setter)
プロの印刷用として使う高解像度の印刷装置。日本語PostScriptに対応していて、通常、1200〜3600dpi程度の解像度で印画紙またはフィルムに出力する。
色指定
カラー印刷を行うために、刷り色の指定を行うこと。もしくは指定したものを言う。製版ではこの指定に従い、プロセスカラー(C・M・Y・Bk)それぞれの配分を網点に置き換えていく。例えば、緑の場合、C100%+Y100%と指示し、製版はそれぞれの網点を指示通りの%に置き換えていく。インキメーカーでは、あらゆる色調を再現するためにプロセスカラーと呼ばれる基本色(C=シアン、M=マゼンタ、Y=イエロー、Bk=ブラック)をかけ合わせた色見本調(カラーチャート)を作っており、これを参考にして色指定を行う。従来のアナログ式ではレイアウトに指定するか、校正を終えた台紙のコピーに記載される。DTPの場合は、画面上でシュミレーション出来るが、ラフスケッチの段階で設計することが多い。
色上質紙
染料で着色した上質紙。略して「色上」とも言う。淡クリーム書籍用紙は含まない。
印刷用紙
雑誌・書籍などの印刷用に抄造された紙。新聞巻取紙・非塗工紙(上級印刷紙・中級印刷紙・下級印刷紙・薄葉印刷用紙)微塗工印刷用紙・塗工印刷用紙(アート紙・コート紙・軽量コート紙)特殊印刷用紙などがあり、さらに、印刷用紙A:上質紙。印刷用紙B:中質紙。印刷用紙C:上更紙(じょうざらがみ)。印刷用紙D:更紙(ざらがみ)などの呼び方がある。
インターフェース
(Interface)
ハードウェア、ソフトウェアと利用者との間の接続形式や対話形式。装置、技術、プログラムの仕様、使い勝手も含まれる。
インデント
欧文における字下げ。文節の区切りをはっきりさせるためにする手法である。1字下がりとは決まっていず、文字の大きさ、行間のバランス、行長などで決める。
Inbound 外部からデータを受信すること

【う】

ウエート
(Weight)
欧文書体の縦線の太さの変化。細い方からlight、medium、demibold、bold、extra bold、ultraなどがある。
ウムラウト
(umlaut)

アクセント符号のひとつ(¨)。

裏罫
厳密な定義ではないが、約0.4mmの罫線を言う。活字の罫線から生じた言葉で、表を使った罫線活字を細い線であり、その活字を裏返しにすると太めの線であることから生まれた。裏罫は俗語であり、罫線の太さの指示は、数値で指示することが望ましい。
裏表紙
書籍・雑誌の裏側についている表紙。表四とも言う。また,表三を含めて言う場合もある。
裏見返し
裏表紙のほうについている見返し。後見返しとも言う。
裏面
ページ物を面付けした場合、裏側で印刷されるページ。トップページ(仮の1ページ)のある側を表(おもて)面になるので、例えば1折16ページの場合、仮の1、4、5、8、9、12、13、16が表(おもて)面、2、3、6、7、10、11、14、15が裏面になる。
上つき文字
字面がボディの上部に片寄っている文字。インデックス、スーパースクリプト、スーペリア、肩付き文字などの呼び方もある。

【え】

SGML
(Standerd Generalized Markup Language)
ISOにより制定された電子文書のためのマークアップ言語。テキスト文書中にフォントや文字サイズなどの情報を書込み、見出し、本文、参照、索引など構造を持つ文書処理ができる。CALSの中で文書交換データ形式として使われている。
HTML
(Hyper Text Markup Lanuage)

インターネットWWWのホームページを作成するための構造化タグ言語。テキストデータの中にタグと呼ばれる文字列を入れることで表示する文字の大きさやフォントを定義付けることができる。音声や画像データもタグを通して多のファイルとリンクすることができる。HTMLを表示するためにはブラウザと呼ばれるプログラムが必要である。

エディタ(editor)
入力や編集を行うためのソフトウェアの総称。テキストエディタ、グラフィックエディタ、構造エディタなどがある。プログラムや原稿など、入力する時点で高度なプリント機能を要求しない場合に使われる。
FTP
(File Transfer Protocol)
TCP/IPプロトコルで接続されているコンピュータ間でファイルの転送を行うためのプロトコル。通常サーバーと接続するためにはIDが必要だが、匿名(anonymous)ユーザーの接続を許可している。メールアドレスは入力することがネチケット(ネットワーク上でのエチケット)となっている。インターネットにはファイル・ライブラリーを公開しているサイトがあり、ユーザーはライブラリーから欲しいデータをダウンロードすることができる。
M版
紅・あか版、マゼンタ版。プロセスインキのマゼンタ(magenta)で刷るための版。
エンボス
(Embossing)
凸凹模様を彫刻したプレートやロールなどの間に、紙・印刷物などを挟んで圧力をかけ型押しをすること。

TOPへ

【お】

OS
(Operating System)
コンピュータを動かすための基本ソフト。メモリー管理、入出力の管理、デバイス装置の管理、ファイル管理などを行う。MD-DOS、WINDOWS、UNIX、MAC-OS、OS/2などがある。
オーハープリント
(Over print)

印刷機を利用して、印刷物の表面にオーバープリント用ニスを印刷すること。ニス刷りとも言う。専用の塗布機(コーター)を用いる場合は「ビニル引き」といい区別している。オーバープリント用ニス(OPニス)はインキから顔料を除いた透明なビヒクルに強膜剤を加えたものである。

追い込み
組版で行頭・行末・分離禁止にかかった文字・約物を整理するために前行の字間・約物の前後を詰めて印字すること。
追い出し
組版では、行頭・行末・分離禁止にかかった文字・約物を調整するために次行の字間・約物の前後を詰めて移動させることを指す。字間を調整することになる。
黄金率
ある直線を二分割するとき、小部分の大部分に対する比率が大部分の全部に対する比と等しくなるように分割してできた比率。黄金比、黄金分割とも言う。公式は次の通り。短辺:長辺=長辺:全長(短辺+長辺)1:1.618=1.618:2.618
大見出し
書籍などの印刷物でつけられる標題の最大の区分。本文の文字より大きく、目立つうに設定する。二段組・三段組などの場合は「段抜き」といい、段を通して見出しにするのが普通である。
奥付 本の最終ページに記載されているデータ表のこと、本の戸籍の役割を果たす。
送り 文字または行を移動させること。次送り・行送りを行なうこと、写植では、文字の基準点から基準点までの移動量を言う。
踊り字 同じ字が続く時、次ぎ字を略したことを示す繰り返し記号「ヽヾゝゞ」。
書籍の表紙・外箱に巻き付けた紙。帯紙・腰巻とも言う。主にPR用に使い、その書籍の内容紹介・推薦の言葉・特徴などを入れる。
オフセットインキ オフセット印刷に使用されるインキのこと。油性で粘度が高く親油性で、プロセスインキとそれ以外の特徴インキに分けられる。プロセスインキはシアン、マゼンタ、イエロー、ブラック(CMYK)の基準4色からできていて、半透明性。この4色を掛け合わせることによってほとんどの色を再現できる。特色インキは基準色(インキを直接混ぜ合わせて色を作る)で、プロセスインキで再現できない微妙な色を再現する時に用いる。
オフセット印刷 平板印刷を代表する印刷方式。版面から一度ゴム胴(ブランケット)に画線部を転写(オフ)し、その画像を紙に印刷(セット)する方法。
オペーク、オペークペン(Opaque) ネガ台紙上に発生するピンホール(小さな穴)などを塗るつぶすのに使われる遮光性の赤い液体。水性と油性があり用途によって使い分ける。
表罫(オモテケイ) 罫線のひとつで通常0.1〜0.13mmの線を言う。活字から出来た用語だが、太さについての定義は正確ではない。印刷されない線である「アタリケイ」に対して、表罫は印刷される罫線である。
表表紙 書籍・雑誌などの表側の表紙。表1。
表見返し 前見返しともいい。オモテ表紙の方につく見返し。
表面(おもてめん) ページ物を面付けした場合、表側で印刷されるページ。トップページ(仮の1ページ)のある側が表面になる。例えば1折16ページの場合、仮の1、4、5、8、9、12、13、16が表面になる。そのうち1、8、9、16を貼る方が表Aでトップの台になる。残りは表B。
折り 製本の作業工程のひとつ。ページの順が正しくなるように刷り本を折っていく作業。いくつかの方式があり、普通の折りを「回し折り」と言う。直角に二つ折りし、時計回りに回転させながら、また二つ折りにし、これを繰り返す。八ツ折り・16ページ折り・32ページ折りがある。特殊な折り方としては、巻き折り・観音折り・経本折りなどがある。
折り込み 書籍・雑誌などで版型より大きいものを折り畳んではさみ込むこと。または、はさみ込む印刷物。
折丁(おりちょう) 製本するために1ページ大の大きさに折り畳まれたもの。折丁には三回折(八ツ折)の16ページ、四回折(16折)の32ページ折り、二回折(四ツ折り)の8ページ、一回折(二ツ折)の4ページがある。
オンデマンド
(On demand)
必要な時に必要な部数を印刷すると言うシステム。従来の印刷はあらかじめ予想される必要部数を大量に印刷すると言うものだったが、産業思想の変遷にともなって(省資源など)、必要な時に必要な部数を印刷すると言う思想に基づいて開発された印刷システム。機械として「Eプリント・クロマプレス」などがある。
音引き 長音符とも言う。長音を表わすための記号。基本的には行頭禁則であるが、近年では禁則扱いしない場合多い。

TOPへ
 
Copyright (C) 2007 Nippon Printing & Publishing Co. Ltd. All Rights Reserved.